映画「死霊館 エンフィールド事件」の題材にもなっている『エンフィールドのポルターガイスト現象』。数多くの目撃や記録が残された実際にイギリスで起きたポルターガイスト現象である。

ポルターガイスト現象とは

特定の場所において、生物が触れていないのに、物体が移動したり、物をたたく音が発生、発光、発火などが繰り返し起こるとされる現象のこと。通常では説明のつかない、心霊現象の一種とも言われる。

エンフィールド事件

イギリス・ミドルセックス州エンフィールドにある母親と4人の子供が住む町営住宅の家で、1977年8月31日から怪現象が始まった。

1977年8月からの1979年9月までの2年2ヶ月にわたる記録の文献、1980年に再発したとしている資料も存在する。史上最長のポルターガイストで、最も詳しく調査された事例であろうとされている。

調査に関与した主たる人物は、英国心霊調査協会(SPR)のメンバーの2人で、モリス・グロス(Maurice Grosse)とガイ・ライアン・プレイフェアである。

ポルターガイスト現象

初期段階の怪現象

・最初に起きた怪現象:誰もいない部屋から家具が動かされる音が聞こえたが、家具が少しも動いていなかった
・正体不明のノック音が聞こえる
・母親の目の前で、とても重い整理だんすが床の上を滑るようになる
・椅子がひとりでに台所のドアに向かって動く← キャロリン・ヒープス婦警も目撃していて、その距離およそ3~4フィートと証言している

その後に起きた怪現象

・白髪の老女、幼い子供などの姿の幽霊も目撃
・ビー玉やレゴの積木などが家の中を飛び回る
・ベッドからシーツがはがされたり、枕が部屋の中を飛び回る
・ポルターガイストに狙われているとされた少女ジャネット・ハーパーが空中に浮揚(写真に撮られている)
エンフィールドのポルターガイスト 少女が浮かび上がる
出典:http://www.theoccultmuseum.com/interview-poltergeist-true-story-enfield-haunting/

目撃と記録

この怪現象は、家族以外にも、調査員、警察、報道関係者など数多くの者に目撃され証言されている。調査員による数か月の調査中に発生した怪現象だけでも1500以上が、録音テープや写真や動画に記録されている。

具体的な内容

・大きな家具がひっくり返るなどの異常現象などを、2名の調査員が目撃。
・自然発火が発生、壁の上に文字がひとりでに浮かび上がり、電子合成のような声が録音された。
・調査員・モリス・グロスが攻撃された・・・クッションがいっぱいに入ったダンボール箱が暖炉のそばの床から飛び上がり、ベッドを飛び越えて、8フィートほど移動、モリス・グロスの額にまともにぶつかった。
その他、数多くの目撃、記録がある。

動画

世間の激しい論争

モリス・グロスとガイ・ライアン・プレーフェアの調査報告は、世間で激しい論争を巻き起こした。
・一部の論者は「すべて子供、特に女の子2人の悪ふざけにきまっている」と批判
・某新聞社などは、この説のとおりなのだろうとの前提で、近所の人にかなりの額の「お礼」を餌としてちらつかせ、2度にわたって少女から何らかの白状させようとしたが、少女らの口からそのような話は出てこなかった。

モリス・グロスは、この怪現象を綿密に調査した。多数の専門家も招いて多様な出来事を様々な角度から考察している。彼は「でっちあげなどありえないほどの、この量の多さこそが、この事例に最も説得力を与えている。」述べている。

現象の終焉

あっさりと消えてしまったそうです。ポルターガイストは去ったということなのだろうか? 1980年に再発しいているが…。

スポンサードリンク

メディア

・2007年3月、イギリスのチャンネル4が、この事件に関するドキュメンタリー番組『Interview with a Poltergeist』を放送。

・この事件を題材にした映画『死霊館 エンフィールド事件』(2016年公開)

本映画では、調査員はウォーレン夫妻・エド・ウォーレン(パトリック・ウィルソン)とロレイン・ウォーレン(ヴェラ・ファーミガ)。家主の次女ジャネットに、前に住んでいた老人の霊が取り憑いてしまったという内容になっている。

感想

日本で英語教師として働く40代のイギリス人の知人に聞いてみたところ、ポルターガイストなんて信じないよ!と笑われました。

見ないと信じがたい話であるが、数多くの目撃や記録があるのだから、間違いなく作り話ではない!と思う。